ドゥーテストで薄い陽性しか出ない場合は?

ドゥーテストは、初心者にも優しい排卵検査薬だと聞きます。また、お値段もお手頃で、販売実績も他の日本製排卵検査薬に比べて長いので、とても高い人気を誇るみたいです。
しかし、ドゥーテストに関して調べてみると、薄い陽性反応しか出ないで陰性に戻ってしまった、というトラブルをいくつか見かけます。

ドゥーテストも、他に比べたらお手頃価格とは言え(ドゥーテストは1回につき400円弱ですが、他は500円強します)、決して安いものではありませんから、そのようにして無駄にするのは避けたいですよね。

では、ドゥーテストで薄い陽性しか出ない場合は、どうすれば良いのでしょうか?
そもそも、ドゥーテストでそのようになる原因ですが、主に感度が挙げられるそうです。

なんでも、黄体ホルモンの分泌量やその推移は、かなり個人によるところが大きいらしく、ドゥーテストで濃い陽性反応が出るには足りない量しか分泌されない場合も多々あるのだとか。つまり、ドゥーテストでは感度が低かったんですね。

この場合、ドゥーテストよりも感度の良い排卵検査薬を選ぶ必要があり、その例としては「p-チェック」が挙げられるそうです。このように、ドゥーテストでダメでも、それで自分のホルモン分泌の具合を知ることで、次から使う排卵検査薬の手がかりにもできるんですね。