ドゥーテストで薄い場合は何が最適?

排卵が近付くにつれ、女性の体内では黄体ホルモンの分泌が、活発になるそうですね。

ただ、その分泌量や推移には、かなり個人差があるそうです。つまり、分泌量が多かったり少なかったりするため、排卵検査薬の感度によっては、ずっと陰性だったり陽性だったりすることもあるんですね。

そのため、排卵検査薬をまだ使ったことが無く、自分の黄体ホルモン分泌に関してまだ把握していない人は、感度が丁度中位の「ドゥーテスト」の使用が推奨されるそうです。

しかし、そのドゥーテストでも、ずっと薄い陽性反応しか出ずタイミングをはかれないまま陰性に戻ってしまった、というケースは多々あるそうです。

つまり、ドゥーテストの感度では足りなかったんですね。では、ドゥーテストでそのように薄かった場合、次はどの排卵検査薬を使えば良いのでしょうか?調べたところ、「p-チェック」がそれに該当するらしく、ドゥーテストの感度が30IU/Lのところ、こちらは10IU/Lから検出できるとのことでした。

ただ、感度が良い分お値段もそれなりで、ドゥーテストが1回につき400円強のところ、p-チェックは500円強にもなるみたいです。なので、個人的にはドゥーテストで大丈夫だと良いな、と思いました。